自然や自然体をテーマに作曲・即興演奏をしています。

自然と即興は、ありのままを表現するという意味で

とても似ています。

たとえば「太陽」は、人間みたいに何か喋る訳でもなく

ただ淡々と「私は太陽です」と存在を示して

昇って沈むことを繰り返しているだけ。

でも美しい。 

人間も「私は、私です」と存在を示し、自分自身を愛することが

人間の魅力を最大限に引き出すシンプルな方法だと感じています。

一人ひとり、そのままの存在に

唯一無二の素晴らしい価値があります。

即興演奏は、そのままの私が

その時感じるままに弾きます。

「これはちがう。これはただしい。」と、決めない。

「自分から生まれた、かけがえのない音。」と、全てを活かす。

そうすれば、思考を超えて新しい光が生まれます。

誰もが持っている素晴らしい価値から生まれた

私と自然を繋ぐ光です。

即興演奏から湧きいでる​音の波の中で

光が生まれる瞬間に​出会えることを​祈っています。

I compose and improvise with the theme of nature and being myself.

Nature and improvisation are very similar in the sense

that they express themselves as they are.


For example, the sun cannot speak like humans.

The sun repeatedly rises and sets, and simply expresses "I am me."

It's very simple, but very beautiful.

We also feel that loving ourselves while thinking

“I am me” like the sun is a simple way to maximize human appeal.

The existence of me, you, and everyone is of great value.

I trust me as I am and improvise on the piano.

I, I do not ask for perfection for the sound to be played.

All of them are irreplaceable sounds,

and I will make the most of all of them.

By doing so, a new light is born beyond thinking.

It is a light that connects me and nature,

born from the wonderful value that everyone has.

I pray that you will meet the moment when

the light is born in the waves of sound

that spring from the improvisation.