​エッセイ集 掬う

ふと、思い浮かぶ考え。
人に伝えたい、ちょっとした言葉。




でも伝えるには不十分な気がして
伝えたところで、何も変わらないような気がして

そうこうしているうちに、それは心の底に沈んでいく。


 


だけどそれは

生まれたばかりの"素直で小さな私"。

 



せっかく生まれたのだから

どんな形だっていいから

それを掬ってみる。



どんどん掬い上げては
目の前に好きなように並べていく。



すると、そこには
光が生まれ、色が生まれ、命が生まれた。

意味が無いと思っていたことに意味が生まれた。




よく見ると、それは
"素直な私"そのままだった。



息を吹き返し、風を巻き起こし
彩りを増していく言葉達。


 


きっと誰の心にも
そんな素敵な言葉たちが
沢山産声を上げて待っている。



その言葉たちのエネルギーに語りかけるように
掬い上げては見つめ合った僕の言葉たちを

一冊の本にまとめました。



限定数販売中です。


 


沢山の人と

言葉の共鳴が
生まれますように。

1,000yen(Tax in) 2020.2.1Release

​全120P / A6文庫本Size

心の底に

沈んでしまいそうな

言葉ほど

手のひらで

掬っていく。

意味があっても

意味がなくてもいい。

その存在そのものが

そのままの私。

"すくう"ほど

光は溢れ

​道が開かれていく。

  • Instagram